「未分類」カテゴリーアーカイブ

私が相模原でヨガに通いたい理由

私は神奈川県相模原市に住んでいるOLです。今、ヨガに通いたいと思っています。相模原市でおすすめの初心者でも安心のヨガスタジオをネットで検索する毎日です。

ヨガに通ってみたい理由はいくつかあります。

まず一つ目に健康づくりのためです。

健康づくりを助ける運動としてウォーキング、ランニング、水泳などいろいろとありますが、高価な道具を準備する必要のないヨガは始めるにはハードルが低いと思います。

また体の特定の部分だけでなく全体を使うのも魅力的だと思います。柔軟性が高まり姿勢がよくなれば、日常生活でも良い健康状態を状態を保つことができると思います。

自宅でもDVDや動画で個人的にすることもできますが、実際に自分でやるとどの程度まで伸ばせばいいのか良くわからなかったり、微妙に姿勢が違かったりして間違った方法を学んでしまうこともあると思います。

なのでやはりきちんと指導してもらえるためにも教室に通う事には大きな意味があると思います。また自分は個人的に運動するとモチベーションが下がってしまうので、周りに同じような人がいる環境のほうが長く続けられそうです。

理由の二つ目は交友関係を広げることです。

自分はヨガ以外に運動サークルに所属していますが趣味を通して出来た友人は、仕事や学生時代の友人とはまた違った楽しさがあり長く続いています。

好きなことが似ているので気も会いますし、逆に普通の生活をしていたら友人にならなそうな人と趣味を通して気が合うこともあります。

家庭や仕事以外で気分転換できる場があることは精神的にもとても良いものだと思います。他の世界を知ることで視野も広くなれるのではと考えています。

ヨガにおいても自分の健康を向上させたい、ヨガを楽しみたいという方たちが集まっていると思うので自分もその一員として関わりたいです。

ヨガの教室に通う際に頻度は週2~3回ほどが好ましいと考えています。実際体のためを考えたら毎日少しずつ行うのがいいのでしょうが、実際通う時間や費用を考えるとそのくらいが限界だと思います。

また通う距離も家や仕事場から10~15分ほどなら通いやすいです。時間帯は仕事がある日なら、仕事後の夕方か夜(19時~)休みの日なら午前中(9時~)が理想です。

休みの日の朝から体を動かせれば気分よく一日を過ごすことができそうです。

涙なしには見られないサッカーとマラソン

2018年1月8日サッカーの第96回全国高校選手権最終日は8日、埼玉スタジアムで決勝戦が行われ、前橋育英(群馬)が全国高校総体連覇者の流通経大柏(千葉)に1-0で競り勝ち、21度目の出場で初優勝を果たした。群馬県勢としても初の制覇となった。

2年連続3度目の決勝進出となった前橋育英は、延長戦突入かとみられた後半アディショナルタイムに、相手DFがブロックして弾き出したこぼれ球を、榎本が流し込んで決勝点を挙げた。

10年ぶり2度目の優勝を狙った流通経大柏は、今大会5試合目での初失点で涙をのんだ結果に終わった。

重かった扉をついにこじ開けた感じでしたね。3大会前は延長で0-5の大敗で涙をのんだ決勝戦の舞台。3度挑んだ前橋育英が後半アディショナルタイムの決勝ゴールで劇的な初優勝を飾りましたね。

DFの4人など1年前の決勝に先発した6人が、この日も最初からピッチに立った。3試合ぶりに負傷から復帰した主将の田部井涼は「去年の悔しい思いを忘れずにやってきた」と言う。

流通経大柏のお株を奪う激しい寄せで中盤を制圧し、崩される場面をほとんど作らせなかった。ただ、ゴールが遠い。決勝まで無失点の相手を攻め立てながら、飯島、五十嵐が放ったシュートはポストやバーを直撃。

後半35分にはCKから決定的なシュートを3度、阻まれた。延長が迫る中、山田監督は「ベスト4も5回目でクリアした。またそれくらいやらないといけないのかなと思った」と覚悟したが、後半終了間際に飯島のシュートのこぼれ球を榎本が右足で蹴り込み、歓喜の輪が広がった。

さすがは高校サッカー決勝戦、来年も感動を与えてほしいものだ。